コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶弘詮 すえ ひろあき

1件 の用語解説(陶弘詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶弘詮 すえ-ひろあき

?-1523 室町-戦国時代の武将。
陶弘房の子。大内氏家臣。文明11年(1479)兄弘護(ひろもり)にかわり筑前(ちくぜん)守護代となる。宗祇(そうぎ)らと親交もあり,「吾妻鏡」の収集につとめ,吉川本「吾妻鏡」を書写させた。在地名より朝倉弘詮と称したともいう。大永(たいえい)3年10月24日死去。幼名は三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陶弘詮の関連キーワード池坊専応口伝足利義稙荒島岳グスタフクレメンス瑞典ダビット丁抹唐寅三好長慶

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone