コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶弘詮 すえ ひろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶弘詮 すえ-ひろあき

?-1523 室町-戦国時代の武将。
陶弘房の子。大内氏家臣。文明11年(1479)兄弘護(ひろもり)にかわり筑前(ちくぜん)守護代となる。宗祇(そうぎ)らと親交もあり,「吾妻鏡」の収集につとめ,吉川本「吾妻鏡」を書写させた。在地名より朝倉弘詮と称したともいう。大永(たいえい)3年10月24日死去。幼名は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

陶弘詮の関連キーワード陶晴賢陶隆康

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android