コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶弘詮 すえ ひろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶弘詮 すえ-ひろあき

?-1523 室町-戦国時代の武将。
陶弘房の子。大内氏家臣。文明11年(1479)兄弘護(ひろもり)にかわり筑前(ちくぜん)守護代となる。宗祇(そうぎ)らと親交もあり,「吾妻鏡」の収集につとめ,吉川本「吾妻鏡」を書写させた。在地名より朝倉弘詮と称したともいう。大永(たいえい)3年10月24日死去。幼名は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

陶弘詮の関連キーワード陶晴賢陶隆康

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android