陸 九淵(読み)りくきゅうえん

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1139〜92
南宋の哲学者。号は象山 (しようざん)
兄の九韶・九齢に学び,宇宙の存在のみを認め,朱熹の「性即理」に対し,心と宇宙の一致く「心即理」を唱え,情の実在を否定した。朱熹とは学説相違をこえて深く尊敬し合うが,弟子たちは対立。その説は王陽明継承

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android