コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸九淵 りくきゅうえん

5件 の用語解説(陸九淵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸九淵
りくきゅうえん

「陸象山 (りくしょうざん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りく‐きゅうえん〔‐キウエン〕【陸九淵】

[1139~1192]中国、南宋の思想家。金渓(江西省)の人。字(あざな)は子静。号、存斎(そんさい)。象山(しょうざん)先生と称される。心の内省を重んじて「心即理」説を唱え、朱熹(しゅき)の「性即理」説と対立する一派をなした。その思想は王陽明に継承され、陽明学の源流となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陸九淵【りくきゅうえん】

中国,南宋の儒者。字は子静。陸象山とも。江西省の人。心即理の主観的唯心論を唱え,朱熹(朱子)の性即理,天理人欲説に対抗,周敦頤(濂渓)の《太極図説》をめぐって朱熹と激しく論争した。
→関連項目儒教心学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りくきゅうえん【陸九淵 Lù Jiǔ yuān】

1139‐93
中国,南宋の思想家。字は子静。象山(しようざん)先生と呼ばれ,陸象山の称でも知られる。江西省金谿(きんけい)の人。その家は第8世の祖に唐の宰相陸希声を出した名門であったが,祖父の代になって没落し,暮しに困って薬を商った。この陸家は,何世代もの人々が仲むつまじく同居すること200年といわれた大家族であり,家事や生産は族人の分担によって行われ,1242年(淳祐2)には朝廷から表彰されている。陸象山はこのような家庭に6人兄弟の末っ子として生まれたが,第4兄の陸九韶(りくきゆうしよう)(梭山(さざん))は朱熹(しゆき)(子)と親交があり,第5兄の陸九齢(復斎)も名のある学者で,この復斎と象山は〈江西の二陸〉と並称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸九淵
りくきゅうえん
(1139―1192)

中国、南宋(なんそう)の思想家。江西省金渓(きんけい)の人。字(あざな)は子静(しせい)、号は存斎、象山(しょうざん)先生と称された。兄の九齢(復斎)とあわせて江西の二陸といわれ、朱子と思想的に対立した。象山の思想は、人間の本心である徳性をしっかりと保持し、利欲に惑わないことを第一とした。朱子が経書(儒教の古典)をよく読み、知的に深めていくことを重視したのに対し、象山は本心に基づく道徳的実践を重視した。人はみな、古来の諸聖人と同じ心を生まれつき保有していて、しかも道徳的な判断力や感覚、すなわち「理」をもっている。心が理を備えていることを「心即理」といった。心に内在する天理を信じ、これに従って行動することを強調した結果、儒教古典としてたいせつな六経(りくけい)でさえも「我が心の注脚」とみるようになった。経書に注釈を書くことに努めた朱子とはこの点が対立する。象山と朱子はしばしば手紙で論争し、1175年には江西省の鵝(が)湖で会見したが意見は一致しなかった(鵝湖の会)。朱子は象山を、学問を軽んずる実践主義者と評し、象山は朱子を、実践を軽んずる知的博学主義と評した。象山の門下の楊簡(ようかん)(慈湖)は、やがて静坐(せいざ)主義となり、禅思想とも似てきた。元(げん)代になると朱陸折衷の学風がおこったが、明(みん)代中期に王陽明(守仁(しゅじん))は、象山の「心即理」の思想を認め、そこから「致良知」という新しい思想を生み出し、朱子学を批判する陽明学となった。[山下龍二]
『友枝龍太郎他編『陽明学大系 第4巻 陸象山 上』(1973・明徳出版社) ▽高瀬武次郎著『陸象山』(1924・内外出版) ▽三島復著『陸象山の哲学』(1926・東京宝文館) ▽山下龍二著『陽明学の研究 上』(1971・現代情報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸九淵の言及

【易】より

… 易は未来を占うものだが,名をつける際に卦を立てることもある。また,南宋の陸九淵(象山)は地方官であったとき,冬に雪が降らないのでその年の凶作を心配し,乾の卦を描いて堂に掲げ,香花を供えて雪を祈ったといわれる。また,易占によって射覆(せきふ)(おおいの中身をあてる透視術)をし,易者の力くらべをする座興も行われた。…

【心即理】より

…中国哲学の用語。言葉としては,北宋の契嵩(かいすう)や程頤(伊川)も使用しているが,特定の哲学的立場を象徴的に明示するためにとくに心即理と表現したのは南宋の陸九淵(象山)である。朱熹の性即理に対する反措定として主張したのである。…

【中国思想】より

… 同じ南宋に,朱子学に対立する思想家が生まれた。それは朱子と同時代人の陸九淵(象山)である。両者の立場の相違は,人間の心の見方の違いから始まる。…

※「陸九淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸九淵の関連キーワード王廷相韓非謝良佐朱熹楊時陸王学思想家朱陸曽参楊簡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone