コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隕石雨 いんせきうmeteorite shower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隕石雨
いんせきう
meteorite shower

多数の隕石が一時に落下する現象。たとえば 1868年1月 30日ポーランドのプウトゥスクや,82年ハンガリーのモッシュにはおよそ 10万個の小隕石が降り,1912年7月 19日アメリカのアリゾナでは1万 4000個が降った。これは流星群のように,初めから多数の宇宙塵があるのではなく,1個の大きな隕石が大気突入と同時に破壊されて落下するものと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の隕石雨の言及

【隕石】より

… 隕石は大気との衝突で多数の破片になることがある。この場合,長径数kmないし数十kmのおおむね楕円形の地域に,数十個から数百個,まれには数万個の隕石が落下することがあり,これを隕石雨とよんでいる。このような隕石雨のときなどには数gくらいの小さな隕石も拾われるが,通常数百gから数kgのものが最も多い。…

※「隕石雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隕石雨の関連キーワードマーチソン隕石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隕石雨の関連情報