コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障える/支える サエル

デジタル大辞泉の解説

さ・える〔さへる〕【障える/支える】

[動ア下一][文]さ・ふ[ハ下二]
さまたげる。じゃまする。
「恋は到底痴(おろか)なもの、少し―・えられると、直ぐ死にたき思いになる」〈左千夫・春の潮〉
(多く「気にさえる」の形で)気にさわる。
「何卒(どうぞ)お気に―・えなされず」〈木下尚江良人の自白
さわる。ふれる。
「折々手を―・へ袖を動かしけるに」〈浮・栄花一代男・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さえる【障える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 さ・ふ
つかえる。ひっかかる。現代語では多く「気にさえる」の形で気にさわるの意に用いる。 「お気に-・へては困りますの/金色夜叉 紅葉
じゃまする。さまたげる。さえぎる。 「石を投げて仏を打ち奉る時に、山神石を-・へて外に落しつ/今昔 1
さわる。触れる。 「此箱に手を-・へてなんとひろぐ/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

障える/支えるの関連キーワード気に障える桑名屋徳蔵金色夜叉障ふ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android