コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障える/支える サエル

2件 の用語解説(障える/支えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ・える〔さへる〕【障える/支える】

[動ア下一][文]さ・ふ[ハ下二]
さまたげる。じゃまする。
「恋は到底痴(おろか)なもの、少し―・えられると、直ぐ死にたき思いになる」〈左千夫・春の潮〉
(多く「気にさえる」の形で)気にさわる。
「何卒(どうぞ)お気に―・えなされず」〈木下尚江良人の自白
さわる。ふれる。
「折々手を―・へ袖を動かしけるに」〈浮・栄花一代男・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さえる【障える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 さ・ふ
つかえる。ひっかかる。現代語では多く「気にさえる」の形で気にさわるの意に用いる。 「お気に-・へては困りますの/金色夜叉 紅葉
じゃまする。さまたげる。さえぎる。 「石を投げて仏を打ち奉る時に、山神石を-・へて外に落しつ/今昔 1
さわる。触れる。 「此箱に手を-・へてなんとひろぐ/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障える/支えるの関連キーワード着替える浚える復習える為終える供える出迎える称える横たえる為違える取添える

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone