コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠る カクル

デジタル大辞泉の解説

かく・る【隠る】

[動ラ四]《上代語。下二段活用よりも古い》隠れる。
「山高み夕日―・りぬ浅茅原後見むために標(しめ)結はましを」〈・一三四二〉
[動ラ下二]かくれる」の文語形

なま・る【隠る】

[動ラ四]《「なばる」の音変化》隠れる。
「難波の小江(をえ)に廬(いほ)作り―・りて居る葦蟹(あしがに)を」〈・三八八六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくる【隠る】

( 動四 )
〔上代語。下二段活用より古い形〕 かくれる。 「青山に日が-・らばぬばたまの夜は出でなむ/古事記
( 動下二 )

なばる【隠る】

( 動四 )
かくれる。 「晏、既に惶おびえ急ぎ走りて竹林に-・る/金剛般若経集験記 平安初期点

なまる【隠る】

( 動四 )
かくれる。なばる。 「難波の小江おえに廬いお作り-・りて居る葦蟹を/万葉集 3886

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隠るの関連キーワード大隠は市に隠る濡れ衣を着せる有智子内親王呉山堂玉成ひょうずば下二段活用貨幣改鋳竜田大社高市黒人小野岑守雲居隠る見える文無し隠ろふ殿隠る大岡博雲の波月の船上代語彼方面

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠るの関連情報