コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れる カクレル

2件 の用語解説(隠れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく・れる【隠れる】

[動ラ下一][文]かく・る[ラ下二]
物の陰になったり、さえぎられたりして見えなくなる。「月が雲間に―・れる」
身を人目につかないようにする。「物陰に―・れる」「親に―・れてたばこを吸う」
表面・外部から見えないところに存在する。ひそむ。「事件の裏に―・れた謎がある」
(ふつう、「隠れた」の形で)世間に名前や力が知られないでいる。また、官職につかないで民間にいる。「―・れた人材を発掘する」「―・れた功績」
世をのがれて、ひそむ。隠遁(いんとん)する。「山に―・れる」
高貴な人が死ぬ。現代ではふつう「お隠れになる」の形を使う。→おかくれ
「後二条関白殿…御年三十八にて遂に―・れさせ給ひぬ」〈平家・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくれる【隠れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 かく・る
〔古くは四段活用〕
物の陰になって見えなくなる。 「月が山に-・れる」
人に見られないようにする。ひそむ。 「洞穴に-・れる」 「親に-・れて遊びに行く」
俗世間を逃れ山里などでひっそりと生活する。隠遁する。 「山寺に-・れる」
多くの人に知られずにいる。 「 - ・れた人材を探し出す」 「 - ・れた才能」
(身分の高い人が)死ぬ。 「やむごとなき人の-・れ給へるもあまた聞こゆ/方丈記」
庇護される。守られる。 「かうぶりなど得しまで、この御徳に-・れたりしを/源氏 関屋」 〔「かくす」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠れるの関連キーワード抉れる縊れる削れる群れる揺れる縒れるたく・れる逃隠れる腫れる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠れるの関連情報