コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れる カクレル

デジタル大辞泉の解説

かく・れる【隠れる】

[動ラ下一][文]かく・る[ラ下二]
物の陰になったり、さえぎられたりして見えなくなる。「月が雲間に―・れる」
身を人目につかないようにする。「物陰に―・れる」「親に―・れてたばこを吸う」
表面・外部から見えないところに存在する。ひそむ。「事件の裏に―・れた謎がある」
(ふつう、「隠れた」の形で)世間に名前や力が知られないでいる。また、官職につかないで民間にいる。「―・れた人材を発掘する」「―・れた功績」
世をのがれて、ひそむ。隠遁(いんとん)する。「山に―・れる」
高貴な人が死ぬ。現代ではふつう「お隠れになる」の形を使う。→おかくれ
「後二条関白殿…御年三十八にて遂に―・れさせ給ひぬ」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくれる【隠れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 かく・る
〔古くは四段活用〕
物の陰になって見えなくなる。 「月が山に-・れる」
人に見られないようにする。ひそむ。 「洞穴に-・れる」 「親に-・れて遊びに行く」
俗世間を逃れ山里などでひっそりと生活する。隠遁する。 「山寺に-・れる」
多くの人に知られずにいる。 「 - ・れた人材を探し出す」 「 - ・れた才能」
(身分の高い人が)死ぬ。 「やむごとなき人の-・れ給へるもあまた聞こゆ/方丈記」
庇護される。守られる。 「かうぶりなど得しまで、この御徳に-・れたりしを/源氏 関屋」 〔「かくす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠れるの関連キーワード引き込み戸・引込み戸覆い・被い・蔽いハイバックチェアキャップスリーブカッシュモレ月隠り・晦八重雲隠る身を潜める比丘尼雪駄木の葉隠れ木の葉隠る天は見通し世を忍ぶ這ひ紛る小隠れる食変光星深編み笠羞花閉月這ひ隠る縫はる

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠れるの関連情報