隠喩法(読み)いんゆほう

精選版 日本国語大辞典「隠喩法」の解説

いんゆ‐ほう ‥ハフ【隠喩法】

〘名〙 修辞法の一つ。たとえを引いて表現するのに、「のごとし」「のようだ」などの語句を用いない方法。文勢をひきしめ、印象を強める効果を持つ。「海山」「人生は旅だ」「名を流す(名声、評判の伝わるさまが水の流れるようだの)」などの類。暗喩メタファー。⇔直喩法
新美辞学(1902)〈島村抱月〉二「隠喩法とは直喩に反して比喩の比喩たる処を埋没したるものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android