隠喩法(読み)いんゆほう

  • いんゆほう ‥ハフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 修辞法の一つ。たとえを引いて表現するのに、「のごとし」「のようだ」などの語句を用いない方法。文勢をひきしめ、印象を強める効果を持つ。「海山の恩」「人生は旅だ」「名を流す(名声、評判の伝わるさまが水の流れるようだの意)」などの類。暗喩。メタファー。⇔直喩法
※新美辞学(1902)〈島村抱月〉二「隠喩法とは直喩に反して比喩の比喩たる処を埋没したるものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android