コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠退蔵物資摘発 いんたいぞうぶっしてきはつ

世界大百科事典 第2版の解説

いんたいぞうぶっしてきはつ【隠退蔵物資摘発】

第2次大戦の敗戦時隠匿された旧軍関係物資の調査,摘発をいう。敗戦直前の1945年8月14日の閣議は軍保有物資の緊急処分を決定,実施し,自動車ガソリン,銅から食糧にいたるまで放出,一部の者が隠匿した。その額は約2400億円にのぼるといわれた(ちなみに1946年度国家予算は約560億円)。そこで摘発が行われ,46年1月22日には,東京の板橋,滝野川両区民が陸軍造兵廠滝野川倉庫の大豆,木炭などを摘発,〈人民配給〉を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠退蔵物資摘発の関連情報