コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板橋 イタバシ

7件 の用語解説(板橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いたばし【板橋】

東京都北部の区名。中山道(なかせんどう)の第一の宿、板橋宿から発展。神事芸能の田遊びが演じられる北野神社諏訪神社がある。昭和22年(1947)練馬区を分区。人口53.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いたばし【板橋】

東京都北西部の地名。地名の起りは,台地から流れ出る石神井(しやくじい)川に,江戸と川越とをつなぐ古道がわたるのに架した板の橋にある,と伝える。延慶本《平家物語》に〈武蔵国豊嶋ノ滝野川ノ板橋ト云所ニ陣ヲ取ル〉とあるのが記録類での初出である。中世中期以後,豊島氏一族の板橋氏が板橋城に拠って板橋を領した。その子孫らしい人名が熊野那智山の文書や《小田原衆所領役帳》に見える。近世になって宿駅制度が定められると,中山道の第1の宿として板橋宿が置かれ,中心部に問屋場貫目改所,高札場,本陣などの施設が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いたばし【板橋】

板でつくった橋。板をわたした橋。

いたばし【板橋】

東京都北部、二三区の一。南部は武蔵野台地上に位置し、北部は低地。もと、中山道の第一宿板橋宿があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板橋
ばんきょう / パンチヤオ

台湾北部、台北市の南西に隣接する小都市。台北県の県政府所在地。淡水(たんすい)河と新店渓(しんてんけい)とが合流する地点に位置する。旧称は枋橋(ほうきょう)で、1920年板橋と改称した。清(しん)代における台湾北部最大の豪族林維源(りんいげん)家の広大な邸宅が市中にあり、古風な伝統建築と林家花園があることで知られる。野菜栽培や園芸農業が盛んで、工場も多く、台北大都市圏の拡大発展により、その圏内に組み込まれ都市化が著しい。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板橋の関連キーワード習志野目黒東京都北区浮間東京都北区王子東京都北区神谷東京都北区岸町東京都北区志茂東京都北区田端東京都北区豊島東京都北区中里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板橋の関連情報