コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板橋 イタバシ

7件 の用語解説(板橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いたばし【板橋】

東京都北部の区名。中山道(なかせんどう)の第一の宿、板橋宿から発展。神事芸能の田遊びが演じられる北野神社諏訪神社がある。昭和22年(1947)練馬区を分区。人口53.5万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたばし【板橋】

東京都北西部の地名。地名の起りは,台地から流れ出る石神井(しやくじい)川に,江戸と川越とをつなぐ古道がわたるのに架した板の橋にある,と伝える。延慶本《平家物語》に〈武蔵国豊嶋ノ滝野川ノ板橋ト云所ニ陣ヲ取ル〉とあるのが記録類での初出である。中世中期以後,豊島氏一族の板橋氏が板橋城に拠って板橋を領した。その子孫らしい人名が熊野那智山の文書や《小田原衆所領役帳》に見える。近世になって宿駅制度が定められると,中山道の第1の宿として板橋宿が置かれ,中心部に問屋場貫目改所,高札場,本陣などの施設が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いたばし【板橋】

板でつくった橋。板をわたした橋。

いたばし【板橋】

東京都北部、二三区の一。南部は武蔵野台地上に位置し、北部は低地。もと、中山道の第一宿板橋宿があった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板橋
ばんきょう / パンチヤオ

台湾北部、台北市の南西に隣接する小都市。台北県の県政府所在地。淡水(たんすい)河と新店渓(しんてんけい)とが合流する地点に位置する。旧称は枋橋(ほうきょう)で、1920年板橋と改称した。清(しん)代における台湾北部最大の豪族林維源(りんいげん)家の広大な邸宅が市中にあり、古風な伝統建築と林家花園があることで知られる。野菜栽培や園芸農業が盛んで、工場も多く、台北大都市圏の拡大発展により、その圏内に組み込まれ都市化が著しい。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板橋の関連情報