コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁股 カリマタ

デジタル大辞泉の解説

かり‐また【×雁股】

鏃(やじり)の一。先が二またに分かれ、内側に刃をつけたもの。飛ぶ鳥や走っている獣の足を射切るのに用いる。また、それをつけた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりまた【雁股】

やじりの一。先が股の形に開き、その内側に刃のあるもの。また、鏃がその形の矢。狩猟用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雁股の関連キーワード鹿児島県大島郡喜界町小野津大平(福岡県の地名)狩り矢・狩矢矢羽根・矢羽カリマタガヤ豊前[市]大平[村]征矢・征箭上差の矢素雁股流鏑馬刺股鉄鏃燕尾根矢矪矢鏑矢手先

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android