(読み)やじり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鏃」の解説


やじり

矢の先端につけて,目標に突刺さるようにしたもの。原始時代から石鏃銅鏃鉄鏃と進歩してきた。石鏃は材質が石の鏃で,三角形か柳葉形を基本とする打製のものが多い。時代を経るに従って,製の精巧なものが現れるようになった。日本では,縄文時代草創期から認められる。半弓から長弓に変化するに従って,石鏃の形状や重さが大きくなった。銅鏃は青銅製の鏃で,メソポタミアウル,中国の殷代から現れたが,日本では,古墳時代前期に盛行した。鉄製の鉄鏃は弥生~江戸時代に使われ,正倉院には雁股 (かぶら) のような変形の精巧なものも保存されている。


ぞく

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「鏃」の解説

や‐じり【×鏃/矢尻】

矢の先端につけ、射当てたとき突き刺さる部分。普通は鉄製であるが、古くは石・骨・銅なども用いられた。矢の根。
矢を射当てる技量。
「小藤太が―の細かさ、これ見給へ」〈浄・虎が磨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【矢じり∥鏃】より

…石,骨,木,竹,青銅,鉄などでつくり,矢柄(やがら)の一端に着装する。鏃(ぞく)ともいう。鏃は,鏃身の形により,非常に細かく分類することもできるが,茎(なかご)の有無によって,大きく二つに分けることができる。…

【弓矢】より

…近衛の武官は白と黒の緂の切斑(きりふ)の羽を用い,行幸には左近はワシ,右近はタカの切斑としている。羽の上下と矢先の口巻(くつまき)には檀紙を巻いて〈樺矧(かばはぎ)〉といい,鏃には金銅の長根(ながね)をつけた(図1)。 軍陣の弓は丸木弓や七曲(ななもじり)の弓のような古風なものもあるが,多くは塗弓で,もっぱらこの上に籐(とう)の皮を巻いた弓を使用した。…

※「鏃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android