コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁金文七 かりがね ぶんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雁金文七 かりがね-ぶんしち

1676-1702 江戸時代前期の無頼者。
延宝4年生まれ。雁金五人男の頭目。庵(あんの)平兵衛,布袋(ほてい)市右衛門,極印(ごくいん)千右衛門,神鳴(かみなり)庄九郎とともに大坂市中をあばれまわり,元禄(げんろく)15年8月26日処刑された。27歳。この事件は,浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎に脚色されて上演された。竹田出雲(いずも)の人形浄瑠璃「男作五雁金(おとこだていつつかりがね)」はその代表的作品。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

雁金文七の関連キーワード極印千右衛門常盤 松代泉 清子五人男物俠客物泉清子文七

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android