コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁金文七 かりがね ぶんしち

1件 の用語解説(雁金文七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雁金文七 かりがね-ぶんしち

1676-1702 江戸時代前期の無頼者。
延宝4年生まれ。雁金五人男の頭目。庵(あんの)平兵衛,布袋(ほてい)市右衛門,極印(ごくいん)千右衛門,神鳴(かみなり)庄九郎とともに大坂市中をあばれまわり,元禄(げんろく)15年8月26日処刑された。27歳。この事件は,浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎に脚色されて上演された。竹田出雲(いずも)の人形浄瑠璃男作五雁金(おとこだていつつかりがね)」はその代表的作品。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

雁金文七の関連キーワード庵の平兵衛小野弥助神鳴庄九郎国包(4代)極印千右衛門志村常仙酔月蝶々子(1)髭の無休布袋市右衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone