雁金草(読み)かりがねそう

大辞林 第三版の解説

かりがねそう【雁金草】

クマツヅラ科の多年草。全草に悪臭がある。高さ約1メートル。葉は広卵形。秋、茎頂の大きな円錐花序に青紫色の唇形花を開く。花は、雄しべ、雌しべとも大きく飛び出して曲がり、上唇・下唇とも長く奇異な形をしている。和名は花の形に由来する。ホカケソウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雁金草 (カリガネソウ)

植物。メギ科の多年草,園芸植物,薬用植物。イカリソウの別称

雁金草 (カリガネソウ)

学名:Caryopteris divaricata
植物。クマツズラ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android