コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団学習 しゅうだんがくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団学習
しゅうだんがくしゅう

2ないし3人以上の学習者によって構成される,サブグループや班と呼ばれる小集団での協同学習を基本とする学習形態。ひとりひとりの子供の人格の育成を目的とするのと同時に,学習を通じて集団内に協同的な関係を築くことも目指す。一斉学習では教師と学習者との間にコミュニケーションが限定されてしまうのに対し,小集団学習では学習者間のコミュニケーションが頻繁になされ,学級内の凝集性や学習者の学習意欲の増大が期待できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうだん‐がくしゅう〔シフダンガクシフ〕【集団学習】

共同作業を通じて集団のもつ相互作用を利用し、学習効果を高めようとする教育方法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうだんがくしゅう【集団学習】

児童・生徒が集団になって、その相互作用を活用して行われる学習形態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

集団学習の関連キーワードウィネトカ・プランバズ・セッションイエナ・プランイェナ・プラングループ学習集団討議法集団的思考集団視聴集団討議生徒児童

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団学習の関連情報