集団学習(読み)しゅうだんがくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団学習
しゅうだんがくしゅう

2ないし3人以上の学習者によって構成される,サブグループや班と呼ばれる小集団での協同学習を基本とする学習形態。ひとりひとりの子供の人格の育成を目的とするのと同時に,学習を通じて集団内に協同的な関係を築くことも目指す。一斉学習では教師と学習者との間にコミュニケーションが限定されてしまうのに対し,小集団学習では学習者間のコミュニケーションが頻繁になされ,学級内の凝集性や学習者の学習意欲の増大が期待できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうだんがくしゅう【集団学習】

児童・生徒が集団になって、その相互作用を活用して行われる学習形態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうだん‐がくしゅう シフダンガクシフ【集団学習】

〘名〙 集団のもつ相互作用を積極的に生かし、学習効果を高めようとする教育方法。グループ学習能力別学習・協同学習・集団主義学習など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団学習の関連情報