コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集積の利益・不利益 しゅうせきのりえきふりえき

1件 の用語解説(集積の利益・不利益の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうせきのりえきふりえき【集積の利益・不利益】

産業や人口などの経済活動や人間活動が一地域に集中して立地することから,集積agglomerationの利益とよばれる種々の利益(あるいは節約)が生ずる。都市の成長はこの利益によるところが大きいが,この利益をもたらす要因の一つは,資本が特定地域に集中して投資されることから生ずる〈規模の経済〉であり,そうした資本の典型は社会資本ないしインフラストラクチャーである。もう一つ外部経済効果(外部経済・外部不経済)によるものであり,次の二つがそのおもなものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の集積の利益・不利益の言及

【コンビナート】より

…コンビナートは,良くも悪くも,高度成長期を象徴する生産様式であった。【中岡 哲郎】
[コンビナートの不利益]
 コンビナートは集積の利益を求めて形成された巨大な生産単位であるが,同時に生産の不利益をも集積したものとして存在する(集積の利益・不利益)。とくに1960年前後から日本の各地に形成されたコンビナートは,石油・電力・化学・鉄鋼といった素材生産型の重化学工業をワンセットとして新規立地したものであり,その規模は世界的にも最大級のものであったため,集積された不利益もまた巨大なものとなっている。…

【都市経済】より

…これは規模の経済(大規模生産の利益)と集積の経済に分けることができ,また後者はさらに地域特化の経済と都市化の経済に分けられるが,このうち都市化の経済は多種多様な産業や企業や人間が一つの地域に集中することから生ずる外部経済効果にほかならない。しかし,集積が過度に進むと,過密問題や公害問題,地価騰貴や住宅不足の問題など,さまざまの都市問題が発生する(〈集積の利益・不利益〉の項参照)。これらの都市問題を解決し,都市の経済活動を円滑に機能させるためには,都市政府は都市財政を通じて,種々の公共サービスを提供するとともに,都市計画を実施しなければならない。…

※「集積の利益・不利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone