コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波田竜起 なんばたたつおき

百科事典マイペディアの解説

難波田竜起【なんばたたつおき】

画家。北海道生れ。早稲田第一高等学院時代より高村光太郎師事。1927年早大中退,太平洋画会研究所に学ぶ。1929年国画会初入選。1938年自由美術家協会会員,1959年退会。
→関連項目世田谷美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波田竜起 なんばた-たつおき

1905-1997 昭和-平成時代の洋画家。
明治38年8月13日生まれ。高村光太郎に師事。一時国画会展に出品,昭和13年自由美術家協会会員となり同展に出品するが,34年以降は個展を中心に活動。30年代海外のアンフォルメル運動の影響をうけ,抽象絵画の推進者として活躍する。63年毎日芸術賞。平成8年文化功労者。平成9年11月8日死去。92歳。北海道出身。早大中退。作品に「宇宙遊泳」「青い陽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

難波田竜起の関連キーワード山口薫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android