コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波立愿 なんば りゅうげん

2件 の用語解説(難波立愿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

難波立愿

江戸末期の医者。備前生。名は経恭、字は子敬、号に抱節・鳩窠・柯集庵、立愿は通称。京・大坂で吉益南涯華岡鹿城らに学ぶ。帰郷して開業し、大いに栄えた。著書は『類聚集方』『医林類英』等多数。安政6年(1859)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波立愿 なんば-りゅうげん

1791-1859 江戸時代後期の医師。
寛政3年生まれ。京都で吉益南涯に内科を,賀川蘭斎に産科を,また大坂で華岡青洲(せいしゅう)に外科をまなぶ。郷里の備前(岡山県)で開業し,乳がん,脱疽(だっそ)などの手術をおこなった。学塾思誠堂をつくった。緒方洪庵に種痘術をまなぶ。安政6年8月23日コレラの治療中に感染して死去。69歳。本姓は篠野。名は経恭。字(あざな)は子敬。号は抱節,鳩窠など。著作に「散花新書」「三痘安危弁」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone