コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨安居 うあんご

大辞林 第三版の解説

うあんご【雨安居】

夏安居げあんごのこと。 → 安居あんご

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨安居
うあんご

安居」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の雨安居の言及

【安居】より

…インドの僧伽で雨季の間,行脚托鉢をやめて寺院(阿蘭若(あらんにや))の中で座禅修学するのを,安居または雨安居(うあんご),夏安居(げあんご)といった。これは仏教が伝播した国々でも,雨季の有無にかかわらずおこなわれ,多くは4月15日から7月15日までの90日であった。…

【雲水】より

…掛搭式を経た雲水は,単(たん)(修行者の座る座席)が決められ,清規(しんぎ)(規則)に従って僧堂生活がはじまる。1年を雨安居(うあんご)(夏安居)と雪安居(冬安居)の2期に分け,その間月に1回程度接心(せつしん)(摂心。一定期間ひたすら座禅をすること)が設けられ,また12月1日から8日朝までは臘八接心(ろうはつせつしん)と称し,昼夜を通して座禅する。…

【東南アジア】より

…寒暖の変化に乏しい熱帯では,季節のめりはりもまた宗教によってつけられる。タイの人々は雨安居(うあんご)入りの儀式によって雨季の到来を感じ,カチナの祭りによって雨季明けを知る。フィリピンの5月のフィエスタには,全国各地で守護聖人像を先頭に行列がくりひろげられ,国中が沸きかえり,遠来の親族や友人を囲んで,あちこちで旧交を温める光景がみられる。…

※「雨安居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雨安居の関連キーワードタイ(国)雨季・雨期祇園精舎竹林精舎衆聖点記伊庭 孝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android