コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨緑林 ウリョクリン

3件 の用語解説(雨緑林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うりょく‐りん【雨緑林】

熱帯から亜熱帯の乾季・雨季がはっきり交代するモンスーン地帯で、雨季に葉をつける落葉広葉樹で構成される森林。チーク林・モンスーン林・サバンナ林など。季節風林

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うりょくりん【雨緑林】

雨季と乾季が明瞭に交代する熱帯・亜熱帯に発達する落葉広葉樹林。雨季になると一斉に葉が茂り、乾季になると不規則に落葉する。チーク林はその代表的なもの。雨緑樹林。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨緑林
うりょくりん

冬に落葉する夏緑林に対して、乾期に落葉するタイプの林をいい、アジアの季節風帯に多いことからモンスーン林ともいう。熱帯多雨林とサバンナの中間に位置し、多雨林に比べると、より疎開していて樹高は10メートル前後と低い。年間降水量1000~2000ミリメートル以下、4か月から6か月の乾期をもつ地域に成立する。インドミャンマービルマ)、タイなどにみられるアジアの雨緑林はサラソウジュ(サル)、チークなどが優占し、乾期には野火が多いほか、人為的に火入れされることもあるので、優占種は樹皮が厚く、耐火性がある。[大澤雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雨緑林の言及

【落葉樹】より

…年間を通じて高温・多湿で,寒さや乾燥という季節の明らかでない熱帯多雨林においても落葉樹は存在し,いつでも一部の種や個体が落葉して裸になっているが,1本の木で落葉した枝と葉のついた枝をもっていたり,裸になっても半月ほどで新しく葉を展開してしまうなど,常緑樹との区別ははっきりしない。雨緑林・夏緑林のように,乾燥・低温という生育に不適な季節がはっきりと出現してはじめて落葉樹の存在が明りょうとなる。生育不適期には,葉から養分を回収しておいて落葉し休眠する方が,葉を展開したまま被害を受けたり,光合成ができずに呼吸が上回ってマイナスの物質生産になるよりも植物にとって有利なためであると考えられている。…

※「雨緑林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雨緑林の関連キーワード亜熱帯気候雨季乾季熱帯気候熱帯作物亜熱帯植物熱帯林亜熱帯林シガテラピタヤ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone