コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲夢 うんぼうYún mèng

世界大百科事典 第2版の解説

うんぼう【雲夢 Yún mèng】

中国で先秦時代の古い文献にみえる楚の国の地名。単独で雲,あるいは夢とも称される。この解釈をめぐって古くから議論があり,中国歴史地理の重要な問題の一つであった。現在では,雲夢とは長江(揚子江)中流域,今の湖北省中央部に形成されていた湖沼を中心に,周囲の山野をも含む広範囲を呼んだものと考えられている。その中央にあった湖沼は,この地点で長江に流入する漢水や沮水(しよすい)などの支流の流量を,自然に調整するために形成されていた遊水池の一つで,今の江陵県(楚呉の都,郢(えい)のあったところ)の東,漢水と長江の中間を広く占めていたもので,その範囲は降水量や氷河の伸長などによって一定してはいなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲夢の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)リヤンフー(両湖)平原トンティン(洞庭)湖湖北(省)睡虎地秦墓竹簡・木簡湖広平野律令格式田代忠国朝鮮文学両湖平原金石文孟浩然呉禄貞始皇帝金万重野干隷書稗史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲夢の関連情報