コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲渓支山 うんけい しざん

2件 の用語解説(雲渓支山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲渓支山 うんけい-しざん

1330-1391 南北朝時代の僧。
元徳2年生まれ。土岐頼清の子。臨済(りんざい)宗。雪村友梅の法をつぐ。播磨(はりま)(兵庫県)に護聖寺をひらく。京都安国寺住持をへて相国寺5世となる。晩年同寺内に玉竜庵をたててしりぞいた。明徳2=元中8年11月14日死去。62歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。別号に率性道人。語録に「雲渓山禅師語録」「雲渓山禅師疏」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雲渓支山

没年:明徳2/元中8.11.14(1391.12.10)
生年:元徳2(1330)
南北朝期の臨済宗の僧。一説に明徳2/元中8年6月19日示寂。美濃(岐阜県)の人。俗姓土岐氏。道号ははじめ雲石といい,率性道人とも称した。雪村友梅の法を嗣ぎ,一山一寧孫弟子に当たる。雪村没後,墓所の大竜庵の塔主を勤めてのち播磨(兵庫県)に下り,法雲寺,宝林寺に住し,帰って山城(京都府)安国寺の住持となる。嘉慶2(1388)年,相国寺の第5世となり,退いたのちは,寺内に玉竜庵を構えて閑居した。のちにこの一派は,同じ一山派である太清宗清の雲頂院とともに,多く副僧録としての蔭涼軒の役職を出し,五山の行政面に深く関与した。<著作>『雲渓山禅師語録』<参考文献>玉村竹二『臨済宗史』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲渓支山の関連キーワード正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝文室宗周福島慶道広叔元運済家上杉憲孝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone