コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼清 とき よりきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼清 とき-よりきよ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
土岐頼貞(よりさだ)の子。美濃(みの)(岐阜県)池田郡にすんでいたが,建武(けんむ)の新政で伊予(いよ)(愛媛県)守護となる。建武3=延元元年足利尊氏(たかうじ)の命で京都にかけつける途中の6月1日,摂津芥河(大阪府)で病死したという。初名は頼宗。通称は六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土岐頼清の関連キーワード南北朝時代雲渓支山土岐頼康土岐康貞土岐直氏土岐頼忠土岐頼貞長山城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android