コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼清 とき よりきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼清 とき-よりきよ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
土岐頼貞(よりさだ)の子。美濃(みの)(岐阜県)池田郡にすんでいたが,建武(けんむ)の新政で伊予(いよ)(愛媛県)守護となる。建武3=延元元年足利尊氏(たかうじ)の命で京都にかけつける途中の6月1日,摂津芥河(大阪府)で病死したという。初名は頼宗。通称は六郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼清の関連キーワード南北朝時代雲渓支山土岐直氏土岐頼忠土岐頼康土岐康貞土岐頼貞長山城

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android