コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲隠る クモガクル

デジタル大辞泉の解説

くも‐がく・る【雲隠る】

[動ラ四]
雲の中に隠れる。くもいがくる。
「渡る日の暮れぬるがごと照る月の―・るごと」〈・二〇七〉
貴人の死ぬことをたとえていう語。
「ももづたふ磐余(いはれ)の池に鳴く鴨を今日のみ見てや―・りなむ」〈・四一六〉
[動ラ下二]
1に同じ。
「月も―・れぬるを」〈堤・逢坂越えぬ権中納言
2に同じ。
「などて君―・れけむかくばかりのどかに澄める月もあるよに」〈栄花・玉の飾り〉
心が晴れ晴れしない。
「日の光あまねき空の気色にも我が身一つは―・れつつ」〈金葉・雑上〉
[補説]上代は四段活用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くもがくる【雲隠る】

( 動四 )
雲にかくれて見えなくなる。くもいがくる。 「大君は神にしませば-・る雷山に宮敷きいます/万葉集 二三五・左注
死ぬことを婉曲にいう語。 「ももづたふ磐余いわれの池に鳴く鴨を今日のみ見てや-・りなむ/万葉集 416
( 動下二 )
に同じ。 「眺むる月も-・れぬる/源氏 須磨

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雲隠るの関連キーワード日の暮れ雲居隠る万葉集青旗の気色なむ逢坂貴人

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android