コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲鶴 ウンカク

大辞林 第三版の解説

うんかく【雲鶴】

雲に飛ぶ鶴つるを配した綾あやなどの織模様。親王の袍ほうなどに用いる。
高麗こうらい茶碗の一。飛雲と鶴の文様をもつ象眼青磁。筒形のものが多い。雲や鶴以外の文様をもつ象眼青磁も含めて呼ばれる。雲鶴手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲鶴の関連キーワード川島甚兵衛(二代目)札場嘉右衛門(初代)川島甚兵衛(2代)粘葉本和漢朗詠集中川浄益(7代)錦塗り・錦塗永泰公主墓小笠原長昌有職模様高麗茶碗有職文様象眼青磁織模様高麗文様雲鳥江青飛雲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲鶴の関連情報