コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総模様 ソウモヨウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐もよう〔‐モヤウ〕【総模様】

女性の和服で、全体に施される模様。また、その模様のある着物。→裾模様

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうもよう【総模様】

着物の全体に模様があること。 「 -の訪問着」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総模様
そうもよう

小袖(こそで)模様の一形式。肩裾(かたすそ)模様とか褄(つま)模様など、小袖の限られた部分にのみ模様を置き、他を無地のまま残した形式に対して、小袖全面に模様を配したものをいう。広義に解釈すれば、亀甲(きっこう)とか格子など比較的単純な型を繰り返し、小袖全体をくまなく埋め尽くした形式も含まれるが、普通一般には、小袖をあたかも1枚の画布に見立て、これに御所解(ごしょどき)模様や風景模様など、絵画的な性格の濃厚な模様を表した観賞的な小袖模様をいう。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

総模様の関連キーワード滋目結い婚礼衣装茶屋染江戸褄訪問着小袖打掛

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android