コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位袍 イホウ

デジタル大辞泉の解説

い‐ほう〔ヰハウ〕【位×袍】

官位によって定められた色の袍。養老の衣服令によると、一位は深紫、二位・三位は浅紫、四位は深緋、五位は浅緋、六位は深緑、七位は浅緑、八位は深縹(ふかはなだ)、初位は浅縹。平安後期に、四位以上は黒、五位は緋、六位以下は縹色となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いほう【位袍】

位階によって定められている色の袍ほう。時代によって異なり、律令制では一位深紫、二位・三位浅紫、四位深緋、五位浅緋、六位深緑、七位浅緑、八位深縹ふかはなだ、初位そい浅縹、無位黄。平安後期以後は、四位以上の黒、五位の緋、六位以下の縹だけとなった。官人の身分・位階の差を着衣で区別できるようにしたもの。位衣くらいぎぬ
天皇の、黄櫨染こうろぜんの袍。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

位袍
いほう

古代官人の着る位階に相当する色目の表着(うわぎ)。冠位十二階以来、わが国の衣服制は、冠位あるいは位階によって衣服の色を異にして、官人の身分の差などを可視的に表示した。養老(ようろう)の衣服令(りょう)においても、一位は深紫、二位・三位は浅紫、四位深緋(ひ)、五位浅緋、六位深緑、七位浅緑、八位深縹(はなだ)、初位(そい)浅縹というように、位階に応じて衣(=袍)の色を区別し、これを「当色(とうじき)」とも称した。令制の「朝服」の系統を引くのは、平安時代の「束帯(そくたい)」である。ここでは天皇の束帯についても、儀式によって「黄櫨染(こうろせん)の袍」「麹塵(きくじん)の袍」などの位袍が定められた。官人の束帯の位袍については、のちに四位以上は一律に黒、五位は緋、六位は縹となり、七位以下は除位のことなく、3色のみになった。[武田佐知子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の位袍の言及

【束帯】より

…三位以上の公卿で武官と文官を兼任する者は,儀仗の際を除いて縫腋の袍を着用した。束帯の袍は位袍(いほう)といって,位階により服色が決められている。これは〈衣服令〉に基づくものであるが,9世紀から天皇は白のほか黄櫨染(こうろぜん),青色(麴塵(きくじん)ともいう),上皇は赤色,皇太子は黄丹または赤色,親王と臣下の三位までは深紫,四位と五位は深緋,六位と七位は深緑,八位と初位は深縹(ふかはなだ)となった。…

【袍】より

…なお,縫腋袍の前身ごろをたくし上げて,かい込みをする分だけ前もって後腰の部分をたくし上げて縫いとめたものを格袋(はこえ)と呼んでいる。朝服の袍は位袍(いほう)といって位階によって服色が定められている。これを当色(とうじき)といい,養老の〈衣服令〉では天皇は白,皇太子は黄丹,親王と臣下の一位は深紫,二・三位は浅紫,四位は深緋(あけ),五位は浅緋,六位は深緑,七位は浅緑,八位は深縹(はなだ),初位は浅縹としている。…

【布袴】より

…布袴装束の構成は(ほう),下襲(したがさね),(あこめ),(ひとえ),指貫,下袴,石帯(せきたい),(しやく),(しとうず)である。袍は位袍(位によって色が定められた)である。《満佐須計装束抄》は〈ほうこといふ事あり,きぬさしぬきうるはしくきて。…

※「位袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone