コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲鷹玄俊 うんよう げんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲鷹玄俊 うんよう-げんしゅん

?-1516 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。信濃(しなの)(長野県)定津院(じょうしんいん)の悦堂英穆(えいぼく)の法をつぐ。定津院,甲斐(かい)(山梨県)正覚寺の住持をへて,相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の住持となる。永正(えいしょう)13年9月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲鷹玄俊の関連キーワードウラディスラフ2世ヤゲロウェツフェルナンド2世(カトリック王)フェルナンド春夢草ヤギェウォ朝エラスムスカール(5世)カール[5世]フェルナンド[2世]ホルバイン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone