電子冷却(読み)でんしれいきゃく

世界大百科事典 第2版の解説

でんしれいきゃく【電子冷却 electronic refrigeration】

種類の異なる二つの導体を直列につなぎ,直流電流を流したとき,導体のつなぎ目で,熱の発生または吸収が起こる現象をペルチエ効果といい,ペルチエ効果を利用した冷却を電子冷却という。導体として金属を用いると,熱伝導がよいため,熱の発生や吸収が起こっても,二つのつなぎ目の間の温度差は小さくなってしまう。そこで,導体として熱伝導率のあまり高くない半導体を使用し,冷却の効果を得ている。図のように,n形およびp形半導体の一端を金属板で共通につなぎ,n形半導体からp形半導体の方向に電流を流す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android