コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電冷却 ねつでんれいきゃくthermoelectric refrigeration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電冷却
ねつでんれいきゃく
thermoelectric refrigeration

ペルチエ効果を利用して冷却を行う方式。一般の金属では熱電能が小さいが,半導体材料では熱電能が大きく,大きな吸熱効果が得られるので,半導体の接合に直流を流すことによって冷却を行う。このような半導体材料 (テルルビスマスアンチモンなどの化合物) のp型とn型を組合せたものは熱電素子またはサーモエレメントと呼ばれる。従来の圧縮冷却方式に比べて,振動・騒音を発生せず,半永久的寿命で,小型にしても性能が変らず,電流の方向を変えることにより加熱にも使えるなどの利点がある。しかし,効率が悪く,直流電流を必要とするなどの欠点もあり,特殊な分野で使用されているのみである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつでん‐れいきゃく【熱電冷却】

電子冷凍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱電冷却【ねつでんれいきゃく】

電子冷凍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

熱電冷却の関連キーワード熱電変換素子化合物半導体

熱電冷却の関連情報