コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気力学 でんきりきがくelectrodynamics

翻訳|electrodynamics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気力学
でんきりきがく
electrodynamics

電気・磁気現象および荷電粒子の力学現象をマクスウェルの方程式に基づいて解析力学の形式との対比で論じる電磁気学の分野。全系のラグランジュ関数をつくって変分により方程式を導き,数学解析を用いて種々の現象を論じる。電気力学はローレンツの電子論相対性理論などへと発展した。量子電気力学は電磁気現象に量子力学を適用したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんきりきがく【電気力学】

電磁気学の中で、時間的に変化する電磁場や荷電粒子の運動を扱う部門。 → 静電気学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の電気力学の言及

【アンペール】より

…この成果は,M.ファラデーによる電磁誘導の法則の発見とともにJ.C.マクスウェルの電磁理論形成への道を開いた。アンペールは電磁理論をニュートンの力学の方法に従って組み立てようとしたのであり,彼自身は自分の理論に対して電気力学の名を与えている。アンペールの法則【田中 国昭】。…

【電気】より

… エルステッド,アラゴーに続いてA.M.アンペールが,電流の通っている導線が互いに力を及ぼすことを発見し,次いで,この力の大きさを表す式を導くことに成功した。アンペールは,電流や磁石の間に働く力を遠隔力とみなし,この力を電流や磁石の配置から計算するための法則を見いだして,この力の表式とニュートンの運動方程式とを使って,種々の磁石の示す現象を論ずるという構想をたて,これを〈電気力学〉と名付けた。このころになると,電気現象と磁気現象との関連はいよいよ明らかとなり,以前のように電気学と磁気学とを別々にとりあげることはできなくなった。…

※「電気力学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気力学の関連キーワードノイマン(Carl Gottfried Neumann)ランダウ(Lev Davidovich Landau)マクスウェル(James Clerk Maxwell)バーバー(Homi Jehangir Bhabha)ノイマン(Franz Ernst Neumann)アインシュタイン(Albert Einstein)フェルミ(Enrico Fermi)ジュリアン・S. シュウィンガーボルン(Max Born)M.I. ピューピンオリバー ヘビサイドバートン リヒターシュウィンガーファリーの定理エールステッド量子ホール効果マクスウェル量子電磁力学ヘルムホルツキルヒホッフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android