コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気機械結合係数 でんききかいけつごうけいすうelectromechanical coupling coefficient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気機械結合係数
でんききかいけつごうけいすう
electromechanical coupling coefficient

圧電材料や磁歪材料において,電磁的エネルギーが力学的エネルギーに変換される効率,すなわち電気量と機械量の間の結合の程度を示す係数。電気機械結合係数 k は,外から試料に与えられた電気的エネルギーを Ei とし,そのうち機械的エネルギーとして試料中にたくわえられるエネルギーを Em とすると, で与えられる。試料の形や電界,磁界のかけ方,試料の変形の仕方などでその大きさは異なる。チタン酸バリウムで 0.2~0.5,ロシェル塩で 0.4程度となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんききかい‐けつごうけいすう〔‐ケツガフケイスウ〕【電気機械結合係数】

圧電効果の効率を表す量。機械的エネルギーと電気的エネルギーの比の平方根で定義される。一般に素子形状により共振のモードが異なるため、形状別の実用式が用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

電気機械結合係数の関連キーワードチタン酸バリウム磁器圧電セラミックスチタン酸バリウム圧電素子圧電材料試料

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android