コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気牧柵 でんきぼくさく

3件 の用語解説(電気牧柵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気牧柵
でんきぼくさく

家畜を放牧管理する際に用いられる施設の一つ。放牧地の周囲に鉄線を張りめぐらし,電源の一端をこの鉄線 (牧柵線) に,他の一端を地中に接続して,牧柵線に触れると動物体と地中を通る電気回路が形成され,電流が流れる仕組みになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ぼくさく【電気牧柵】

牧場で用いる電気柵。電牧。→電気柵

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんきぼくさく【電気牧柵 electric fence】

家畜の運動場や放牧場などの周囲に支柱を立てて電線を張り,電牧器から高圧電流を流しておき,その場所から家畜の脱出を防ぐようにした柵。まれにはイノシシなどの防除柵としても使用する。電牧器にはパルス型(断続通電式)と容量型(連続通電式)とがあり,前者は電流を断続するため危険が少なく,しかも電圧が高いため遠距離でもショックが強く,漏電にも強いので,現在はこの型のものが多く使用されている。【野附 巌】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気牧柵の関連キーワード採草放牧地放牧牧場校庭牧童瑞垣支柱養殖口蹄疫(こうていえき)瑞穂公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気牧柵の関連情報