コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気通信省 でんきつうしんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気通信省
でんきつうしんしょう

1949年,設置法 (昭和 23年法律 245号) により設けられた,電気通信事業,電波管理などを遂行した政府機関。 52年,日本電信電話公社の設立に伴い廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でんき‐つうしんしょう〔‐ツウシンシヤウ〕【電気通信省】

もと内閣各省の一。電気通信事業を管掌。昭和24年(1949)逓信省から分離して設置され、昭和27年(1952)日本電信電話公社の設立によって廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気通信省【でんきつうしんしょう】

電気通信事業,航空保安業務の実施に当たった旧中央官庁。1948年設置。私設の有線設備の規律および監督に関する行政事務も担当する。1952年廃止,日本電信電話公社(1985年民営化して日本電信電話株式会社となる)に改組。
→関連項目全逓信労働組合逓信省

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

電気通信省の関連キーワード会計検査院の懲戒処分要求全国電気通信労働組合日本電信電話[株]ネリー クルス青木 日出雄国際通信二宮康明公企業郵政省郵便

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android