電食(読み)でんしょく

大辞林 第三版の解説

でんしょく【電食】

地下埋設金属(水道管・各種ケーブルなど)が電気化学作用により、腐食する現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐しょく【電食】

〘名〙 金属間の接触電位差、導電性液体の付着による電池効果など、電気的効果により生じる金属の腐食。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電食の言及

【腐食】より

…海洋腐食marine corrosionという言葉は,海水腐食のほかに海洋大気中や,海洋泥中の腐食を含めて海洋構造物の腐食全般をさすときに使われる。土壌腐食は土中腐食underground corrosionとも呼ばれ,電食(迷走電流腐食),および通気差腐食がおもな原因となる。特殊なものとしては細菌腐食が原因となる場合もある。…

※「電食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android