コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊源慧桃 れいげん えとう

2件 の用語解説(霊源慧桃の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

霊源慧桃

江戸中・後期の臨済宗の僧。丹後生。白隠慧鶴の印可を受け、白隠下四天王の随一と言われる。丹後全性寺の再興に努め、また天龍寺に出世して学衆を教化、鎌倉円覚寺や山城臨川寺などに歴住した。天明5年(1785)寂、65才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊源慧桃 れいげん-えとう

1721-1785 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)6年生まれ。臨済(りんざい)宗。郷里丹後(京都府)の全性寺で出家し,白隠慧鶴の印可をうける。全性寺を中興し,鎌倉の円覚寺,京都の臨川寺,鹿王院などに住した。白隠風の仏画をかいた。天明5年3月9日死去。65歳。俗姓は小島。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone