コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊魂崇拝 れいこんすうはい

1件 の用語解説(霊魂崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊魂崇拝
れいこんすうはい

広義には精霊,祖霊,死霊などを,生命原理の根幹として崇拝,信仰することをいうが,人類学ではアニミズムの一形態としての霊魂に対する呪術的態度を含めていう。肉体から遊離しうる霊魂が広い意味で宗教的対象とされ,たとえば病気は霊魂が肉体から逃げ出そうとしているために起るとして,さまざまな呪術的手段でその安住を請うとか,影や映像には自己の霊魂が宿っているとして,それが呪術的にそこなわれないよう配慮するなど,厳密には崇拝とはいえないが,宗教的な尊敬,禁忌が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊魂崇拝の関連キーワードアートマン鉱泉祖霊純粋理性精霊舟道徳哲学奉祀取殺す維持費魂祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone