コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍害 トウガイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐がい【凍害】

農作物などが寒さによって被害を受けること。また、その被害。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

凍害【とうがい】

作物が低温のために凍結,枯死する災害。初冬から早春に発生。細胞間隙(かんげき)の水が凍ることによって細胞液濃度が高くなり,そのため原形質が変質する場合と,凍った組織が急激に解けるときに原形質分離を起こす場合とがある。
→関連項目胴枯病凍霜害

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

凍害

 農産物の低温による被害.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうがい【凍害 freezing damage】

凍結害ともいう。農作物などが受ける冬季の低温による凍結の被害をいう。霜害も低温と凍結による被害であるが,発生の時期によって区分される。凍霜害という語は学問的には霜害と同義であるが,農林水産省の作物被害統計では凍害と霜害を合わせている。凍害はシベリア高気圧の勢力が強い年に発生し,冬に農作物が栽培されない地方や積雪の多い地方を除けば,一般には寒冷な地方で被害が大きい。ムギ類,牧草類などは東北地方の太平洋岸や関東地方で,落葉果樹は北日本とくに北海道で,常緑果樹は栽培地全域で被害を受ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうがい【凍害】

植物、特に農作物が寒さで凍ったために被害を受けること。また、その被害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍害
とうがい

冬から春にかけ気温が異常に低下し、農作物や果樹の若芽などに被害を与える現象。機構としては寒害、霜害の場合と同じである。ただ季節的には晩冬から初春におこり、霜害などに比べると越冬作物に被害が多い。そのほか、冬の異常低温による水道の凍結事故(外気温が零下4℃以下になるとおこる)、道路面の凍結による交通事故も凍害に含めることもあり、さらに広義には霜柱、凍上による被害も含めることがある。[安藤隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

凍害の関連キーワードラナンキュラス森林火災保険生理的落果耐寒タイルクンシラン低温生物学安藤広太郎気象災害かや葺き森林災害森林保険霜除け小松瓦鬆上り花腐病越前瓦植物屋根

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android