コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧多布 きりたっぷ

2件 の用語解説(霧多布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧多布
きりたっぷ

北海道東部,浜中町の中心集落。隆起海食台地の霧多布島と,浜中湾,琵琶瀬湾にはさまれた砂州上にあり,碁盤目状の町並みが発達。コンブ漁業,サケ・マス流し網イカ釣り,タコ漁などの沿岸・沖合漁業の基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧多布
きりたっぷ

北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の浜中(はまなか)町の中心市街地、町役場所在地。係船に不便な北方の同町榊町(さかきまち)にかわり、1886年(明治19)ごろから本土と霧多布島との砂州(さす)状の接合部に碁盤目状の小市街地を形成。霧多布港はサケ、コンブ、ウニなど沿岸・沖合漁業の基地。1952年(昭和27)の十勝(とかち)沖地震、1960年のチリ地震の際の津波は市街地に被害を発生させ、接合部の砂州が切られ、現在は霧多布大橋が架けられている。1993年(平成5)の釧路(くしろ)沖地震、1994年の北海道東方沖地震でも被害があった。霧多布島の東端は湯沸(とうふつ)岬(霧多布岬)となっていて展望がよい。市街地の西部一帯は3200ヘクタールに及ぶ霧多布湿原が広がり、琵琶瀬(びわせ)川が蛇行する。湿原の一部は国指定天然記念物の「霧多布泥炭形成植物群落」をなしている。霧多布湿原は1993年(平成5)、ラムサール条約登録湿地となった。一帯は厚岸(あっけし)道立自然公園域。[古川史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の霧多布の言及

【浜中[町]】より

…人口7866(1995)。太平洋に面し,町域は標高60m内外の丘陵地と霧多布(きりたつぷ)島,嶮暮帰(けんぼつき)島などの小島からなる。気候は寒冷で春から夏にかけて濃霧が多い。…

※「霧多布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

霧多布の関連キーワード北海道厚岸郡浜中町恵茶人北海道厚岸郡浜中町湯沸北海道厚岸郡浜中町浜中北海道厚岸郡浜中町浜中基線北海道厚岸郡浜中町浜中桜北北海道厚岸郡浜中町浜中桜西北海道厚岸郡浜中町浜中桜東北海道厚岸郡浜中町浜中桜南北海道厚岸郡浜中町浜中西北海道厚岸郡浜中町浜中東

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霧多布の関連情報