コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯沸岬 とうふつみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯沸岬
とうふつみさき

北海道南東部,浜中町霧多布 (きりたっぷ) の東方にある。かつてアザラシの群生地であったため,トッカリ (アザラシ) 岬とも呼ばれた。標高約 50mの隆起海食台地の先端に灯台があり,付近は海食崖が発達して奇岩が多い。岬付近の岩礁はエトピリカなど海鳥類の生息地。台地上は夏季キャンプの適地で,ハマナス,エゾカンゾウ,ヒオウギアヤメなどの花が咲き,厚岸道立自然公園の景勝地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の湯沸岬の言及

【浜中[町]】より

…霧多布を中心にコンブを主とする沿岸漁業と水産加工,台地上で大規模酪農が行われる。町域南西部は厚岸道立自然公園に含まれ,霧多布湿原や,太平洋と霧多布湿原を一望する榊町高台,海岸美の湯沸(とうふつ)岬(トッカリ岬),海鳥の繁殖地として知られる嶮暮帰島など景勝の地が多い。【奥平 忠志】。…

※「湯沸岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android