コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露蒙協約 ろもうきょうやくRusso-Mongolian treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露蒙協約
ろもうきょうやく
Russo-Mongolian treaty

1912年 11月3日ロシア外モンゴル活仏との間に取決められた協定。4条の協定,17条の付属議定書より成る。ロシアはモンゴル王公の自治を認め,モンゴルは同国におけるロシアの種々の特権を認めたもの。 11年 12月1日にモンゴルの王公たちは辛亥革命に乗じて独立を宣言し,ロシアの承認を求めた。しかしロシアはこれが中国との争いのもとになることを恐れ,モンゴル王公の要求を極力押え,自治要求の範囲で,かつ外モンゴルに限定するよう画策した。この協定によりロシアは中国の外モンゴルに対する宗主権を認めながらも,実質的には自己の影響下におく体制をつくりあげた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

露蒙協約の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android