コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靉嘔 あいおう

百科事典マイペディアの解説

靉嘔【あいおう】

美術家。茨城県生れ。本名飯島孝雄。東京教育大卒。1952年瑛九主宰のデモクラート美術家協会に参加,活動を始める。1958年渡米,1962年フルクサスの活動に参加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

靉嘔 あいおう

1931- 昭和後期-平成時代の美術家。
昭和6年5月19日生まれ。東京教育大在学中から瑛九(えいきゅう)らのデモクラート展に出品。昭和33年渡米し,フルクサスに参加。44年ジャパン-アート-フェスティバル最優秀賞のほか,海外展でもおおくの賞を受賞。虹色で構成した版画・絵で知られ,オブジェ,イベントなどの芸術活動も展開する。茨城県出身。本名は飯島孝雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

靉嘔
あいおう
(1931― )

洋画家。茨城県行方(なめがた)郡玉造(たまつくり)町(現行方市)に生まれる。本名飯島孝雄。1954年(昭和29)東京教育大学芸術学科を卒業。在学中からデモクラート美術家協会展に出品、のち池田満寿夫(ますお)らとグループ「実在者」を結成する。当初は油彩画を手がけていたが、初の個展を開催した1955年ころからエッチング、リトグラフの版画に専心する。1958年からニューヨークに住み、フルクサス・グループに参加。1963年の個展で虹(にじ)のスペクトル色彩を用いた作品を発表。1965年からはシルクスクリーン作品を手がけ、翌年のベネチア・ビエンナーレ展の出品により「虹の画家」として高い評価を確立する。1970年の東京国際版画ビエンナーレ展で東京国立近代美術館賞を、1971年のサン・パウロ・ビエンナーレ展でブラジル銀行賞を受けるなど、海外での受賞も多い。1990年(平成2)日本芸術大賞受賞。1995年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。人間像をはじめ、多くの事物をモチーフに、それらをいずれも虹のスペクトルのうちに表現するスタイルを一貫させている。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『AY-O』(1974・南天子画廊) ▽久保貞次郎編『虹――靉嘔版画全作品集1954―1979』増補版(1982・叢文社) ▽『虹・虹――靉嘔版画全作品集1982―2000』(2000・阿部出版) ▽長谷川公之著『現代版画――イメージの追跡』(1987・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

靉嘔の関連キーワード志水 楠男ハプニングスペクトル真鍋 博真鍋博昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android