コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑛九 エイキュウ

デジタル大辞泉の解説

えい‐きゅう〔‐キウ〕【瑛九】

[1911~1960]洋画家。宮崎の生まれ。本名、杉田秀夫。新時代洋画展に加わり、自由美術家協会結成に参加。戦前より抽象作品を始め、フォトデッサンを創始。日本の前衛美術の先駆者の一人。戦後は、版画作品も多く制作。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

瑛九【えいきゅう】

画家,版画家,写真家。宮崎県生れ。本名杉田秀夫。日本美術学校中退。1930年代,写真の技法の一種フォトグラムによる作品を手がけ,美術評論も執筆。1951年デモクラート美術家協会を結成。
→関連項目靉嘔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑛九 えいきゅう

1911-1960 昭和時代の洋画家。
明治44年4月28日生まれ。油絵,版画,フォトデッサンなどの抽象作品を発表。昭和11年新時代洋画展同人。12年自由美術家協会の創立に参加。26年早川良雄らとデモクラート美術家協会の結成にくわわった。昭和35年3月10日死去。48歳。宮崎県出身。日本美術学校中退。本名は杉田秀夫。作品にデッサン集「眠りの理由」,油絵「赤の中の小さな白」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいきゅう【瑛九】

1911~1960) 洋画家。宮崎県生まれ。本名、杉田秀夫。自由美術家協会の結成に参加。シュールレアリスム風のフォト-デッサンやエッチング、リトグラフなどを制作し、評論活動も行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑛九
えいきゅう
(1911―1960)

洋画家。宮崎市に生まれる。本名杉田秀夫。日本美術学校洋画科を中退。1936年(昭和11)新時代洋画展の同人となり、フォト・デッサン展を開き、作品集『眠りの理由』を刊行する。翌年自由美術家協会の創立に参加。第二次世界大戦後、51年(昭和26)同志とデモクラート美術協会を結成するほか、翌年久保貞次郎(ていじろう)らと創造美育協会を結成した。エッチング、リトグラフを制作し、57年の第1回東京国際版画ビエンナーレ展に招待出品。戦前から前衛美術の先駆的役割を果たし、晩年『午後』ほか非具象油絵を発表した。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

瑛九
エイキュウ

昭和期の洋画家



生年
明治44(1911)年4月28日

没年
昭和35(1960)年3月10日

出生地
宮崎県宮崎市

本名
杉田 秀夫

学歴〔年〕
日本美術学校(現・東京芸術大学)洋画科〔昭和2年〕中退,オリエンタル写真学校

経歴
美術・写真評論を雑誌(「みずゑ」「フォトタイムス」など)に発表。昭和9年より油絵に専念し、11年グループ・新時代に参加、同年瑛九と名乗り、フォト・デッサン集「眠りの理由」を出版。12年自由美術家協会創立に参加、この頃からフォトコラージュによるシュールレアリスム風の作品を発表。26年「真昼の夢」を出版、同年デモクラート美術家協会の結成に参加。油彩画、エッチングリトグラフも制作、前衛的な造形を試みて、先駆的な役割を果たした。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

瑛九 (えいきゅう)

生年月日:1911年4月28日
昭和時代の洋画家
1960年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

瑛九の関連キーワード宮崎県立美術館うらわ美術館本間美術館池田満寿夫杉浦邦恵生年月日杉田作郎昭和時代造形写真山口薫泉 茂泉茂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑛九の関連情報