コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田満寿夫 いけだますお

6件 の用語解説(池田満寿夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田満寿夫
いけだますお

[生]1934.2.23. 奉天(現瀋陽)
[没]1997.3.8. 静岡,熱海
版画家,作家。旧満州国 (現中国東北部) に生れ,第2次世界大戦後,長野市に引揚げる。洋画家,瑛九のすすめで版画を始め,独学で銅版や木版の技法を修得。 1960年第2回東京国際版画ビエンナーレ文部大臣賞を受けたのをはじめ,65年にはニューヨーク近代美術館で「池田満寿夫の版画展」が開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐ますお〔‐ますを〕【池田満寿夫】

[1934~1997]版画家・小説家。満州の生まれ。瑛九(えいきゅう)の助言で銅版画をはじめ、パリ青年ビエンナーレ展で優秀賞、ベネチアビエンナーレ展で版画大賞など多くの賞を受賞。小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞受賞。映画や陶芸でも活躍したマルチアーチスト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

池田満寿夫【いけだますお】

版画家。中国奉夫(瀋陽)生れ。長野北高卒。1956年ころから銅版画を制作。1960年東京国際版画ビエンナーレで文部大臣賞,1965年ニューヨーク近代美術館で個展と内外で活躍。
→関連項目ベネチア・ビエンナーレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田満寿夫 いけだ-ますお

1934-1997 昭和後期-平成時代の版画家,小説家。
昭和9年2月23日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。瑛九(えいきゅう)の助言で銅版画をはじめ,昭和35年東京国際版画ビエンナーレ展で文部大臣賞。40年ニューヨーク近代美術館で個展をひらき,41年ベネチア-ビエンナーレで版画大賞。52年「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞。映画,陶芸などの創作活動もおこなった。平成9年3月8日死去。63歳。長野北高卒。
【格言など】能力や才能は,それを認め活用してくれる能力や才能がなければ成り立たない

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いけだますお【池田満寿夫】

1934~1997) 版画家・小説家。旧満州奉天生まれ。国際的な版画家として活躍。独自な官能的世界を描く「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞受賞。著「女のいる情景」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田満寿夫
いけだますお
(1934―1997)

マルチアーティスト。旧奉天市(現、中国東北の瀋陽(しんよう/シェンヤン)市)に生まれる。終戦で長野市に引き揚げ、高校卒業後画家を志して上京。瑛九(えいきゅう)の勧めで銅版画を始め、1957年(昭和32)の第1回東京国際版画ビエンナーレ展以後出品を続け、文部大臣賞、東京都知事賞、国立近代美術館賞を受ける。エロティシズムと風刺を詩的に昇華した独自の作風により、パリ青年ビエンナーレ展で優秀賞、ベネチア・ビエンナーレ展で国際版画大賞(1966)ほか受賞多数。欧米や日本で版画活動のほか、1977年小説『エーゲ海に捧(ささ)ぐ』が芥川賞を受け、翌1978年これを自ら監督して映画化した。さらに1980年代から、版画、絵画に加えて陶芸を手がけ、陶彫や陶壁を制作するほか、タペストリー、野外彫刻など芸術活動の幅を広げた。また執筆、講演、テレビ出演などでスーパースターぶりを発揮。1997年(平成9)春急逝の直後に長野市に池田満寿夫美術館が開館した。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田満寿夫の関連キーワード浅香鉄心飛鳥井雅道阿部岩夫石和鷹石原研而江國滋鈴木幹也原田憲水野正好関正人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田満寿夫の関連情報