コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山堂枇杷麿 せいざんどう びわまろ

1件 の用語解説(青山堂枇杷麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山堂枇杷麿 せいざんどう-びわまろ

1773-1838 江戸時代後期の狂歌師。
安永2年生まれ。江戸小石川伝通院前の本屋。大田南畝(なんぽ)と親交があった。狂歌は石川雅望(まさもち)の五側(ごがわ)に属した。天保(てんぽう)9年7月28日死去。66歳。姓は青山。通称は雁金屋(かりがねや)清吉。別号に枇杷丸,平々山人。狂歌集に「枇杷丸一夜ねす百首」「風流水揚帳」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青山堂枇杷麿の関連キーワード千里亭藪虎萩花妻花廼屋光枝春道梅員日の下花満辺仁之无子神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone