青山堂枇杷麿(読み)せいざんどう びわまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山堂枇杷麿 せいざんどう-びわまろ

1773-1838 江戸時代後期の狂歌師。
安永2年生まれ。江戸小石川伝通院前の本屋。大田南畝(なんぽ)と親交があった。狂歌は石川雅望(まさもち)の五側(ごがわ)に属した。天保(てんぽう)9年7月28日死去。66歳。姓は青山。通称は雁金屋(かりがねや)清吉。別号に枇杷丸,平々山人。狂歌集に「枇杷丸一夜ねす百首」「風流水揚帳」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android