コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森・近野(ちかの)遺跡 あおもりちかのいせき

1件 の用語解説(青森・近野(ちかの)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

青森・近野(ちかの)遺跡

3体の人物図を線刻した約3500年前(縄文時代後期)の石器が2006年9月に確認された青森市の三内丸山遺跡隣接の遺跡。人物が描かれた面は横7.4cm、縦6.1cm。おにぎりのような形をしていて、祭祀(さいし)具の一種とみられる「石冠」という石器に3体は刻まれていた。縄文人が絵を描くことはきわめて少なく、人物描画が初めて分かった遺物。「縄文の家族」か、などと描かれた背景や意味を巡って論議を呼んでいる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青森・近野(ちかの)遺跡の関連キーワード金版画像塼肉合彫斗筲の人年前針書佐藤珍久柳川直時山崎一賀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone