コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青竜社 せいりゅうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青竜社
せいりゅうしゃ

美術団体。 1928年日本美術院同人を辞した川端龍子を主宰者とし,翌年6月に結成。会場芸術を行うなど,はなばなしい動きをみせたが,66年龍子の死とともに解散した。落合朗風福田豊四郎,坂口一草,福岡青嵐加納三楽輝,山崎豊,市野亨,安西啓明らがおもな同人であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいりゅう‐しゃ【青竜社】

川端竜子(かわばたりゅうし)が昭和4年(1929)に創立した日本画の団体。同41年、竜子の死により解散。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青竜社【せいりゅうしゃ】

日本画の美術団体。1928年日本美術院を脱退した川端竜子が自派の作品の発表機関として1929年に創立したもの。〈健剛なる会場芸術〉を主張して大作主義をとったのが特徴。
→関連項目丸木位里横山操

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいりゅうしゃ【青竜社】

川端竜子が主宰した日本画の団体。1929年(昭和4)に結成。彼の死によって解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の青竜社の言及

【川端竜子】より

…15年第2回院展に《狐の径》が初入選,以後《霊泉由来》で院友,《神戦の巻》で同人に推され,《印度更紗》《佳人好在》など奇抜な構想と洋風描写をとり入れた画風で人気を集めた。15年以来平福百穂らと珊瑚会を組織していたが,しだいに院展内で異端的存在となり,《行者道》三部作のころよりその大作主義が院の運営をめぐって同人との対立をきたし,28年美術院を脱退,翌年青竜社を創立した。従来の床の間式日本画に対し大作による会場芸術を掲げ,大衆の気持ちを反映した大衆のための〈健剛なる〉絵画を標榜して,在野団体としての主張を鮮明にした。…

※「青竜社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青竜社の関連キーワード山崎豊(3)阪口 一草福岡 青嵐小畠鼎子藤田隆治田中一村柴田安子阪口一草川口春波

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android