コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸木位里 まるきいり

4件 の用語解説(丸木位里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸木位里
まるきいり

[生]1901.6.20. 広島
[没]1995.10.19. 埼玉,東松山
日本画家。妻俊と共同制作した『原爆の図』で世界的に知られる。田中頼璋川端龍子らに日本画を学び,水墨画に抽象的表現を取り込んだ独自の画風を確立。1936~38年青龍社展に出品した。美術文化協会,前衛美術会に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丸木位里【まるきいり】

日本画家。広島県生れ。独学し,青竜社,美術文化協会,前衛美術会などに参加。1953年《原爆の図》で国際平和文化賞。これは,1949年から30年近くにわたって妻の俊(旧姓赤松。
→関連項目戦争画丸木俊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸木位里 まるき-いり

1901-1995 昭和-平成時代の日本画家。
明治34年6月20日生まれ。母は丸木スマ。田中頼璋(らいしょう)にまなぶ。昭和14年美術文化協会の創立に参加。原爆投下直後の広島で救援活動に従事,その体験から妻の俊(とし)とともに「原爆の図」を連作。27年国際平和文化賞。42年埼玉県東松山市に原爆の図丸木美術館を設立した。平成7年10月19日死去。94歳。広島県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸木位里
まるきいり
(1901―1995)

日本画家。広島市に生まれる。初め日本南画院展、1936年(昭和11)から38年までは青龍社(せいりゅうしゃ)展に出品する。翌39年美術文化協会結成に参加し、47年(昭和22)までその会員として活躍。また、46年には日本美術会創立に加わる。47年、美術文化協会を脱退して前衛美術会をおこすが、49年には同会を退き、以後無所属となる。この間、妻の丸木俊(とし)(旧姓赤松、1912―2000)と『原爆の図』第一部「幽霊」の共同制作を続け、50年の第3回日本美術会アンデパンダン展に出品して大きな反響をよんだ。以後、『原爆の図』は「火」「水」と描き続けられ、53年にはこれに対して国際平和文化賞が与えられた。これらを公開するため、66年には埼玉県東松山市に原爆の図丸木美術館を開設。70年にアメリカ各地で巡回展が催され、84年までに15部が完成した。晩年は水墨による自由で力強い風景画の制作にも取り組んでいた。[二階堂充]
『田近憲三解説『臥竜丸木位里墨画集』(1970・造形社) ▽丸木美術館編『新版 原爆の図』(1988・小峰書店) ▽草薙奈津子解説『現代の水墨画10 名作選 丸木位里他』(1984・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸木位里の関連キーワード青木和夫青野寿郎飛鳥井雅道大久保利謙川端健生佐野えんね中谷孝雄真野満柚木学加藤陽子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸木位里の関連情報