コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸木位里 まるきいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸木位里
まるきいり

[生]1901.6.20. 広島
[没]1995.10.19. 埼玉,東松山
日本画家。妻俊と共同制作した『原爆の図』で世界的に知られる。田中頼璋や川端龍子らに日本画を学び,水墨画に抽象的表現を取り込んだ独自の画風を確立。1936~38年青龍社展に出品した。美術文化協会,前衛美術会に参加。1941年に結婚。1945年8月6日広島県広島市原子爆弾が投下され(→原子爆弾投下),両親の安否を気遣い被爆直後の当地に赴いた。そこで見た凄惨な光景に衝撃を受け,妻俊と共同で『原爆の図』連作を制作し始めた。俊は 1912年2月11日北海道に生まれ,女子美術専門学校で洋画を学び,二科展に出品していた。位里が全体の雰囲気や構図を,俊が人物をおもに手がけた。1950年日本美術会の日本アンデパンダン展(→アンデパンダン展)に同作品の第1部「幽霊」を発表,1982年に連作最後の第15部「長崎」が完成。1953年から『原爆の図』世界巡回展を開始し,各国で大きな反響を呼んだ。また,1979年に反ファシズムトリエンナーレ国際具象展グランプリを受賞した『三国同盟から三里塚まで』をはじめ,『アウシュビッツの図』『水俣の図』『沖縄の図』など戦争や公害に取材した作品を次々に発表した。1953年世界平和文化賞受賞。1967年埼玉県東松山市に丸木美術館を開館。1995年,俊とともにノーベル平和賞の候補に推薦された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

丸木位里【まるきいり】

日本画家。広島県生れ。独学し,青竜社,美術文化協会,前衛美術会などに参加。1953年《原爆の図》で国際平和文化賞。これは,1949年から30年近くにわたって妻の俊(旧姓赤松。
→関連項目戦争画丸木俊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸木位里 まるき-いり

1901-1995 昭和-平成時代の日本画家。
明治34年6月20日生まれ。母は丸木スマ田中頼璋(らいしょう)にまなぶ。昭和14年美術文化協会の創立に参加。原爆投下直後の広島で救援活動に従事,その体験から妻の俊(とし)とともに「原爆の図」を連作。27年国際平和文化賞。42年埼玉県東松山市に原爆の図丸木美術館を設立した。平成7年10月19日死去。94歳。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸木位里
まるきいり
(1901―1995)

日本画家。広島市に生まれる。初め日本南画院展、1936年(昭和11)から38年までは青龍社(せいりゅうしゃ)展に出品する。翌39年美術文化協会結成に参加し、47年(昭和22)までその会員として活躍。また、46年には日本美術会創立に加わる。47年、美術文化協会を脱退して前衛美術会をおこすが、49年には同会を退き、以後無所属となる。この間、妻の丸木俊(とし)(旧姓赤松、1912―2000)と『原爆の図』第一部「幽霊」の共同制作を続け、50年の第3回日本美術会アンデパンダン展に出品して大きな反響をよんだ。以後、『原爆の図』は「火」「水」と描き続けられ、53年にはこれに対して国際平和文化賞が与えられた。これらを公開するため、66年には埼玉県東松山市に原爆の図丸木美術館を開設。70年にアメリカ各地で巡回展が催され、84年までに15部が完成した。晩年は水墨による自由で力強い風景画の制作にも取り組んでいた。[二階堂充]
『田近憲三解説『臥竜丸木位里墨画集』(1970・造形社) ▽丸木美術館編『新版 原爆の図』(1988・小峰書店) ▽草薙奈津子解説『現代の水墨画10 名作選 丸木位里他』(1984・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丸木位里の関連キーワード埼玉県東松山市下唐子ジョン ユンカーマン原爆の図 丸木美術館マイ ミトゥーリチ丸木位里・俊・スマみなまた海のこえおきなわ島のこえ佐喜眞美術館舩田 玉樹袖井林二郎有明美術館戦争と芸術韓 水山岩橋英遠船田玉樹丸木 俊峠三吉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸木位里の関連情報