コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山操 よこやまみさお

3件 の用語解説(横山操の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

横山操【よこやまみさお】

日本画家。新潟県生れ。川端画学校に学ぶ。1940年青竜社展入選。1940年兵役からシベリア抑留後,1950年帰国。1962年渡米。1965年多摩美大教授となる。
→関連項目新潟県立近代美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山操 よこやま-みさお

1920-1973 昭和時代の日本画家。
大正9年1月25日生まれ。洋画から転じ川端画学校にまなぶ。昭和15年青竜展に「渡船場」で初入選,以後31年「炎々桜島」,32年「塔」などの黒を強調した豪快な大作で受賞をかさねる。37年青竜社を脱退,のち水墨画に新境地をひらく。40年多摩美大教授。昭和48年4月1日死去。53歳。新潟県出身。ほかに水墨画「越路(こしじ)十景」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横山操
よこやまみさお
(1920―1973)

日本画家。新潟県西蒲原(にしかんばら)郡吉田村(現燕(つばめ)市)生まれ。1937年(昭和12)中学を出て上京、画家を志し、翌年、油絵で光風会に入選。39年、日本画に転向して川端画学校に学び、40年の第12回青龍(せいりゅう)展に入選したが、同年12月に召集され、50年(昭和25)に復員。以後、青龍社に『炎々桜島』(1956)、『塔』(1957)、『十勝岳』(1962)などの大作を出品し豪快な新風を樹立した。62年青龍社を脱退、65年から多摩美術大学教授を務めた。その他の代表作に水墨志向の『越路(こしじ)十景』(1968)がある。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横山操の関連キーワード松本姿水森白甫長谷川玉粹鬼頭如石山下竹斎押田翠雨酒井亜人佐川敏子山岡良文山下巌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山操の関連情報