コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山操 よこやまみさお

3件 の用語解説(横山操の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

横山操【よこやまみさお】

日本画家。新潟県生れ。川端画学校に学ぶ。1940年青竜社展入選。1940年兵役からシベリア抑留後,1950年帰国。1962年渡米。1965年多摩美大教授となる。
→関連項目新潟県立近代美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山操 よこやま-みさお

1920-1973 昭和時代の日本画家。
大正9年1月25日生まれ。洋画から転じ川端画学校にまなぶ。昭和15年青竜展に「渡船場」で初入選,以後31年「炎々桜島」,32年「塔」などの黒を強調した豪快な大作で受賞をかさねる。37年青竜社を脱退,のち水墨画に新境地をひらく。40年多摩美大教授。昭和48年4月1日死去。53歳。新潟県出身。ほかに水墨画「越路(こしじ)十景」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横山操
よこやまみさお
(1920―1973)

日本画家。新潟県西蒲原(にしかんばら)郡吉田村(現燕(つばめ)市)生まれ。1937年(昭和12)中学を出て上京、画家を志し、翌年、油絵で光風会に入選。39年、日本画に転向して川端画学校に学び、40年の第12回青龍(せいりゅう)展に入選したが、同年12月に召集され、50年(昭和25)に復員。以後、青龍社に『炎々桜島』(1956)、『塔』(1957)、『十勝岳』(1962)などの大作を出品し豪快な新風を樹立した。62年青龍社を脱退、65年から多摩美術大学教授を務めた。その他の代表作に水墨志向の『越路(こしじ)十景』(1968)がある。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山操の関連情報