コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田豊四郎 ふくだ とよしろう

美術人名辞典の解説

福田豊四郎

日本画家。秋田県生。名は豊城。川端龍子土田麦僊に学ぶ。京都絵専卒。吉岡堅二小松均らと山樹社を結成、のち創造美術協会を創立、新制作協会に合体し、その会員となる。毎日美術賞受賞。昭和45年(1970)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田豊四郎 ふくだ-とよしろう

1904-1970 昭和時代の日本画家。
明治37年11月27日生まれ。川端竜子,土田麦僊(ばくせん)に師事。昭和5年「早苗曇り」が帝展で特選。新美術人協会,創造美術の創立に参加。26年新制作協会会員。40年武蔵野美大教授。昭和45年9月27日死去。65歳。秋田県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は豊城。作品に「秋田のマリヤ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田豊四郎
ふくだとよしろう
(1904―1970)

日本画家。秋田県鹿角(かづの)郡小坂町に生まれる。本名豊城。鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)、川端龍子(かわばたりゅうし)に学び、1923年(大正12)土田麦僊(ばくせん)について翌年から国画創作協会展に出品する。25年京都市立絵画専門学校に入学。28年(昭和3)同校を卒業し、ふたたび川端龍子に師事して31年には青龍社(せいりゅうしゃ)社人となる。33年青龍社を離れ、翌年吉岡堅二(けんじ)らと新日本画研究会を結成。38年にはこれを新美術人協会として一部の注目を集めた。第二次世界大戦後は48年(昭和23)に吉岡堅二、上村松篁(うえむらしょうこう)、山本丘人(きゅうじん)らと創造美術結成に参加。51年からは新制作協会会員となる。以後、新制作展、日本国際美術展などに出品し、56年毎日美術賞を受けた。代表作に『秋田のマリヤ』『ふるさとへ帰る』などがある。[二階堂充]
『福田豊四郎画集刊行委員会編『福田豊四郎画集』(1979・秋田魁新報社) ▽福田文・武塙林太郎監修『福田豊四郎素描集』(1982・秋田魁新報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福田豊四郎の関連キーワード横尾 深林人福田 豊四郎福田 豊土奥村 厚一酒井 亜人山岡 良文昭和時代森田沙伊広田多津向井久万工藤甲人岩橋英遠山岡良文奥村厚一高橋周桑青竜社創画会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android